クラウド型予約管理システム「ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)」 公式ウェブサイトをリニューアル

2016.08.15 プレスリリース

株式会社リザーブリンク(本社:東京都港区、代表取締役:山本浩史 以下、リザーブリンク)は、提供するクラウド型ネット予約管理システム「ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)」の公式ウェブサイトを2016年8月15日(月)リニューアルしました。

【リニューアルのポイント】
公式ウェブサイトの「操作性」「快適性」「分かりやすさ」を向上することで、クラウド型予約管理システム導入を初めて検討されるお客様から、システムについて知識があるお客様まで、お客様の課題フェーズに合わせて、分かりやすくご理解いただけるようになりました。

●お客様が知りたい情報を分類、分かりやすく視覚化
「キーワード」「業種」「体験」「課題」「立場」など、お客様が知りたい情報を分類・視覚化することで、知りたいページへすぐにアクセスできます。

●予約システムをわかりやすく伝えるページを設置
クラウド型予約管理システム導入を検討されるお客様が、ネット予約の利便性について深く理解いただけるように、新たに「動画コンテンツ」「提案コンテンツ」「顔が見えるサポート」を配置しました。

●お客様のニーズに合わせたコンテンツを増設
クラウド型予約管理システムへの関心度は、お客様が抱える課題や立場によって様々です。そこでするお客様のニーズに合わせて「プロダクトツアー」「資料ダウンロード」「サービス別デモ画面」を増設いたしました。これによりお客様の関心度のフェーズに合わせて必要な情報をご覧いただけるようになりました。

今後もリザーブリンクは、お客様の予約に関する課題に取り組み、より使いやすいクラウド型予約管理システムを提供してまいります。

【背景】
リザーブリンクは、これまで蓄積された予約受付サイト構築のノウハウを活かし、チョイスリザーブの公式ウェブサイトをリニューアルいたしました。これにより、予約管理システムを検討するお客様にとって、より使いやすく、分かりやすいウェブサイトになりました。
多様化するお客様のニーズに合わせて、知りたい情報にすぐアクセスできるようにUI(ユーザーインターフェースの略語)と、お客様の課題に対するご提案をサイト上でスムーズに行うためにUX(ユーザーエクスペリエンスの略語)を改善しました。

■予約管理システム「ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)」について http://yoyaku-package.com/
企業内の予約受付や予約管理における課題を解決するための予約管理ツールであり、ネット予約に対応することで業務負荷を下げ、管理業務の改善が可能となります。また、予約によって発生する売上のアップ目的にも利用され、サービス開始からこれまでに3,000件を超える導入実績を保有しています。
導入企業は特定業種や規模に限らず、様々な業種や業態を対象として汎用的な予約管理やネット予約ニーズに対応しています。

ニュース