大人の半数以上が社会人になってからの習い事経験がない! オトナの習い事に関する調査レポートを公開 【予約ラボ調査】

2016.06.08 プレスリリース

株式会社リザーブリンク(本社:東京都港区、代表取締役:山本浩史)が運営する「予約ラボ(http://yoyakulab.net/)」は「習い事・レッスンの 継続に関する調査レポート」を2016年6月8日(火)に公開しました。

 

【概要】
少子高齢化社会の進展により、大人をターゲットとした商品、サービスが増えてきています。習い事市場もあらなたサービス事業者が参入を始めています。そこで、大人の習い事の現状を調査いたしました。

 

【調査結果 抜粋】
●54%が社会人になってからの習い事・体験レッスンの経験ナシ
全国の20代~60代の男女2,212人に社会人になってからの習い事の経験について調査したところ、全体の半数を超える54%が「習い事・体験レッスンの経験がない」と、回答しました。また現在習い事をしていると回答したのは15.7%にとどまりました。「現在、習い事をしている」を選択した回答者348人の内訳は、女性が約6割(63.8%)を占め、女性は30代で一度落ち込むものの、年代が上がるごとに増え、男性の40代~60代は他世代に比べ少ない傾向にありました。

●習い事をしない人の半数が「興味がない」
「習い事・体験レッスンの経験がない」と回答した1195人を対象に、習い事をしない理由を聞いたところ、約半数50.6%が「興味がないから」と回答しました。

●習い事を見つけたキッカケは「知人の口コミ」が41.3%
「現在、習い事をしている」「終了した・辞めた習い事がある」と回答した1003人に習い事を見つけたキッカケを聞いたところ、「知人の口コミ」という回答が41.3%ありました。

●継続期間が長い習い事は「語学系」
「習い事経験あり・現在も習っている」全国20代~60代の男女558人に「最も長く続いた習い事」について調査を行ったところ、「語学・外国語」が17.9%と最も多い回答になりしました。

●最も長く続いた習い事の期間は「1年以上」が8割を超える
最も長く続いた習い事の継続期間を聞いたところ、4年以上10年未満という回答が41.2%、次いで1年以上3年以内が24.2%という結果になり、8割が1年以上回答しました。

●習い事をしてよかったこととして「気分転換になった」
習い事をしてよかったことについて調査したところ「気分転換になった」という回答が最も多く44.3%という結果になりました。

●長く続けた習い事をやめた理由
長く続いた習い事をやめた理由として最も多かった回答は「お金がかかった」(10.4%)「目的を達成できた」(10%)と、どちらの回答も全体の1割を占めました。

■オトナの習い事に関する調査レポート~URL  http://yoyakulab.net/business/lesson-user-report/

<<調査概要>>
–習い事の経験について–
【調査対象】全国の20代~60代の男女
【調査期間】2016/03/28 ~ 2016/03/31
【調査方法】インターネット調査
【サンプル数】有効回収数2,211人
【調査内容】
■習い事・レッスンの経験について ■習い事をしない理由について ■体験レッスンだけで習い事を始めなかった理由について ■習い事を見つけたキッカケについて

–習い事の継続について–
【調査対象】全国の習い事をした経験がある20代~60代の男女
【調査期間】2016/04/08
【調査方法】インターネット調査
【サンプル数】有効回収数558人
【調査内容】
■最も長く続いた習い事について ■最も長く続けた習い事の継続期間について ■習い事の利用形態について ■受講料以外にかかった費用について ■「長く続けたい」と思ったタイミングについて ■習い事を極めるために始めたことについて ■習い事での交友関係について ■習い事を教えていた先生のタイプについて ■習い事をして良かったことについて ■習い事をやめた理由について ■習い事でのエピソード(自由記入)

 

【予約ラボについて】 http://yoyakulab.net/
サービス利用や商品購入などで発生する、顧客接点の「予約」は、顧客心理を察知する重要なポイント。予約を活用する企業(組織、医療、学校、公共機関)へ【利益を生み出す】という目的達成に有益と思える情報提供を通し、「予約」の潜在的価値を楽しく・分かりやすく発信しています。

ニュース